Profile >> Hiroaki KATO official website


HOME > Profile

加藤ひろあき(Hiroaki KATO)

■Hiroaki Kato (加藤ひろあき)  Born in Tokyo, 9th March 1983.

In 2006, Hiroaki Kato lived and studied at Yogyakarta, Indonesia for one year. At that time, there was a huge earthquake in Central Java and more than 6000 people were lost. Hiroaki Kato volunteered himself as a musician to entertain people that suffered by the disaster along with other Indonesian universities organizations.

During his stay, he involved in many entertaiment related activites, for instance doing live music performances, radio announcing, MC, and made an appearance in one of Indonesia’s independent movie.

After he finished his study in Yogyakarta, he went back to Tokyo to earn his master degree in linguistic and started his carrier as musician, actor, Indonesian language lecturer, translator, and also as an interpreter.

■AS MUSICIAN

Hiroaki Kato release his first album “HIROAKI KATO” in Indonesia on 9th March 2017. Since he moved from Tokyo to Jakarta in 2014, he begun his carrier by doing live performance from stage to stage. After 3 years working in Indonesia, Hiroaki Kato thought that now is the time to launch an album.

There are 10 powerful songs in this album that each song has its own uniqueness and character. Single “Terima Kasih” became the representative song of Hiroaki Kato. All things that he wanted to say to his family, friends, and fans is in
this song’s lyric.

Furthermore, the uniqueness of this album is that he sings with 3 languages, Indonesian, Japanese, and English. Each song is colorful and has different character and mood, that is what makes people don’t get bored by listening this album. Hiroaki Kato wishes that this album could be an inspiration and be a part of Indonesia music industry.

After Hiroaki Kato launched the album, he is now having a lot of upcoming live performance in Japan and several cities in Indonesia.

■AS MC / ACTOR /TRANSLATOR / INTERPRETER

In 2013, Hiroaki Kato translated one of the Indonesia's best selling novel "Laskar Pelangi” by Andrea Hirata into Japanese language which sold 5,000 copies.
He also translated COWCOW ‘s (Yoshimoto Japan Comedian) song called : “Senam Yang Iya Iyalah”.

Hiroaki Kato’s specialty as MC is that he can do 3 languages ; Indonesian, Japanese, and English. His early job was in 2014 whenhe became the presenter of Indonesia’s travel TV program called “Indonesia Banget” on RTV station.

He remains active on appearing in Indonesia TV Programs. He is one of the presenter in “Quiz Surprise Japan” on Waku Waku Japan Channel and hosted "Roaming” on TRANS TV Channel.

■LIVE PERFORMANCE & COLLABORATIONS

Hiroaki Kato collaborates with some of Indonesian artists. In his album he did a cover song from Letto called “Ruang Rindu” and sang with Neo the vocalist in Indonesian and Japanese.
He did duet with Arina from Mocca in one of Japanese popular song of all time “Nada Sou Sou” in Hiroaki Kato album.
He also performed with Tulus and sang his song in Japanese. He translates Tulus’ song called “Sepatu” into “Kutsu”.

Twitter: https://twitter.com/hiroakikato39
Facebook: https://www.facebook.com/hiroakikato0309/
Instagram: https://www.instagram.com/hiroakikato39/
Website: http://hiroakikato.com/

Wikipedia: Wikipedia 日本語

1983年3月9日生まれ。

2002年4月 東小金井、吉祥寺、立川、相模大野などでの路上ライブから活動を開始。

2006年3月 インドネシアはジョグジャカルタに語学留学。

2006年4月 インドネシアのラジオ局101.7Swaragama FMで『Ichigo』という日本の音楽や文化を紹介する番組のメインパーソナリティーを勤める(~2007年3月)。

2006年5月 6000人以上が亡くなったジャワ島地震を震源地近くで被災。奇跡的に無事であったことから、自分が生かされた意味を考えるようになり、現地の学生団体と共に様々な村を回り救援物資と共に音楽を届けるボランティア活動を展開。

その他にも、インドネシア語でのイベントMC、ライブ出演、映画出演などを経験。(映画『harap tenang ada ujian』、英語では『be quiet! exam is in progress』が2006年インドネシア最優秀短編映画賞を受賞。韓国でも最優秀短編映画賞を受賞。日本のショートフィルムフェスティバル2007にも出展され、高評価を得る。)

2007年3月 日本に帰国。

2008年8月 丸山茂樹主催の音楽を通じ、土地の大切さを知るお祭り『そら祭り関東2008@所沢航空記念公園』を実行委員長として作り、自らもアーティストとして出演。

2008年9月 北千住のシアター1010で行われたMotion Rock Opera『Life pathfinder 2008 Tokyo / Lost in life』(構成:松高タケシ 音楽:山下透)で初舞台を経験。

2008年 10月 北海道よさこいチーム『Gush』に旗持ち、シンガー兼ラッパーとして参加。

2009年3月 自身作詞・作曲の『Start Dash』がKINYA & AlphaプロジェクトCD「摩天楼ブルース」に収録され、落合福嗣(落合博満氏の息子)とデュエット。

2009年3月7日 渋谷アピア(現Apia40)にて自身初のワンマンライブを開催。

2009年4月 インドネシア語プライベートレッスン開始(詳細はLinkIconこちら)。

2009年9月 静岡ロゼ・ホールで行われたブッダミュージカル『Sylphy』(作・演出:荒巻正 音楽:山下透)に出演。

2009年10月 東銀座Air Studioで行われた劇団空感エンジンプロデュース公演『flexible~シュールな世界?!~』(作・演出:赤垣正樹)に出演。

2010年2月 東銀座Air Studioで行われた劇団空感エンジンプロデュース公演『それゆけ!遠山一家~龍之介浮気?本気?兄弟仁義!!の巻~』(作:吉野家菊之介・演出:今田尚志)に出演。

2010年4月 東京外国語大学修士課程修了(言語文化専攻・言語情報学研究コース・インドネシア語)。

2010年8月 吉祥寺シアターで行われたMotion Rock Opera『Life pathfinder 2010 Tour to the End』(構成:松高タケシ 音楽:山下透)に出演(動員約2000人)。

2010年9月23日 1stミニアルバム『テリマカシ』をリリース。

2011年7月 インドネシア共和国大使館主催『Indonesia Festival 2011』(代々木公園)にて司会を務め、自らもアーティストとして出演。

2011年8月14日 ワンマンライブ『テリマカシ』@原宿アストロホール、約200名を動員。

2011年9月 桜美林大学にて、インドネシア語講師として勤務。(2012年3月まで)

2011年11月 インドネシアの複数のラジオ局にゲスト出演し、ライブを行い、その模様がインドネシアの新聞Kompas, Detik Bandungなど数社に取り上げられ話題となる。

2011年12月11日 自身主催のインドネシア・日本交流イベント『Indonesia Kita!-インドネシア、キター!』を立ち上げ、大盛況のうちに終了。(www.indonesiakita.net

2012年4月 上智大学にて、インドネシア語講師として勤務。(2014年3月まで)

2012年6月 岩手県大船渡市の東日本大震災被災者有志に招かれ、大船渡・陸前高田でのライブを開催。

2012年8月 写真家:三木義彦主催の『りくフェス2012』@陸前高田つどいの丘商店街にステージ企画・アーティストとして参加。

2012年8月 岩手県大船渡市商工会議所青年部主催、インドネシアでの被災体験、ボランティア体験などを交えた『加藤ひろあきトーク&ライブ』を大船渡KAIZANにて開催。

2012年9月11日・12日 六本木ミッドタウンで開催された『Festival Indonesia 2012』で開催二日間ともにメインMCを務め、さらにインドネシアでは熱狂的な人気を誇るゲストアーティストKOTAKの代表曲『Pelan-pelan saja』をコラボレーション。

2013年1月30日 スペイン坂スタジオにてTOKYO FM(80.0MHz)『シンクロのシティ』(パーソナリティ:堀内貴之、MiO)内のParco Tokyo Beatsコーナーにて20分間のインタビュー出演。

2013年8月 吉祥寺シアターで行われたMotion Rock Opera『Life pathfinder 2013 The Fate of...』(構成:松高タケシ 音楽:山下透)に出演(動員約2000人)。

2013年9月2日 毎日新聞主催『世界のお巡りさんコンサート2013 in Jakarta』にて、タマンイスマイルマルズキにあるGedung Theaterにてコンサートの司会を務める。

2013年9月21日・22日 六本木ヒルズアリーナで開催された『Festival Indonesia 2013』で開催二日間ともにメインMCを務め、ゲストとして来日したJKT48のコーナー司会、さらに2005年のインドネシアンアイドル優勝者Mike Mohedeと『Sempurna』をコラボレーション。

2013年10月22日 アンドレア・ヒラタ(Andrea Hirata) 著のインドネシア小説『虹の少年たち』(現代:Laskar Pelangi)を翻訳し、その小説が全国で発売される。

2013年10月26日 お笑い芸人COWCOWの「あたりまえ体操」公式インドネシア語バージョン「Senam yang iya iyalah」の翻訳を担当し話題となる。→あたりまえ体操インドネシア語ver. -Senam yang iya iyalah-

2014年1月4日 イベント『Pesta Cinta Indonesia』(新木場スタジオコースト)にて、インドネシアの国民的ロックバンドSLANKのライブフロントアクトとして出演。

テレビ東京「World Business Satellite」出演
FOODEX JAPAN インドネシア人向けイベントMC、兼通訳(帝国ホテル)

2014年4月 ジャカルタに活動の拠点を移す。

2014年5月 TransTVの最高視聴率バラエティー番組『YuKeepSmile』に準レギュラーとして出演。

2014年5月 ジャカルタ絆マラソンの記者発表にてMC兼、通訳を担当

2014年8月 インドネシアの民放局Rajawali TVにて旅番組『Indnesia Banget!』のレギュラーレポーター開始。(毎週土・日、インドネシア時間10:00より)

2014年9月21日 インドネシアで最大級の日本イベント『Jakarta Japan Matsuri(ジャカルタジャパン祭り)』にて総合MCを担当。

2014年11月4日-20日 『虹の少年たち』(原題:Laskar Pelangi)著者のアンドレア・ヒラタ氏、歌手のメダ氏と共にジャパンツアーを敢行(Special Thanks to Shintaro Fukutake, Sophia University, and Japan Foundation)。5大学で、計8講演・ライブを行う。

2014年12月3日 ジャカルタにある日本人学校『ジャカルタジャパンスクール』にてゲスト講師として講演。

2014年12月27日 スマトラ島アチェにて行われた『スマトラ津波10周年慰霊祭』においてアーティストとしてライブ出演。

2015年3月 沖縄国際映画祭2015『島ぜんぶでおーきな祭』宜野湾ビーチステージ出演

2015年5月9日・10日 インドネシア最大の日本祭り『縁日祭2015』メインステージ出演。

2015年5月30日 AEON MALL BSD Grand Opening Eventに出演、インドネシアの男性ソロシンガーTULUSと共演。

2015年6月7日 『AEON MALL BSD Grand Opening Event』に出演、インドネシアの女性ソロシンガーRAISAと共演。

2015年6月9日 日本テレビ『ZIP!』にて、「日本では知られていないが海外で有名な日本人」として特集される。

2015年7月18日・19日 ベトナム、ホーチミンにて行われた『Touch Summer Fest 2015』に出演。
共演:城南海、桃知みなみ、Ceui、ダブルウィッシュ、他。

2015年7月31日-8月2日 マレーシア、クアラルンプールにて行われたコメディフェス『LOL FEST2015』にてMC・ライブ出演。
共演:くまだまさし、KAGEYAMA、The Three、そこらへん元気、アキラ・コンチネンタル・フィーバー、SDキンジョー、他。

2015年9月13日 在インドネシア日本大使館主催『Jakarta Japan Matsuri(ジャカルタジャパン祭り)』にて総合MC・ライブ出演。
共演:JKT48、Rica Reyona、インドネシア住みます芸人(The Three、そこらへん元気、アキラ・コンチネンタル・フィーバー)、他。

2015年10月 インドネシアの民放局Trans7にてトーク番組『Roaming』レギュラー出演。(毎週土曜日、インドネシア時間19:15より)

2015年10月10日 インドネシア男性シンガーTULUSの楽曲『Sepatu』日本語バージョン『セパトゥ~くつ~』の歌詞翻訳、レコーディング日本語指導を行う。楽曲はitunesにて、発売中。

2015年10月31日 WAKUWAKU JAPANチャンネルのクイズ番組『Quiz! Surprise Japan』の総合司会に決定。番組放送スタート。(毎週土曜日、インドネシア時間19:00より)
WAKUWAKU JAPANホームページへ
ジャカルタ新聞掲載→最新の日本をクイズで発見 ワクワクジャパン新番組 司会に加藤ひろあきさん インドネシア語で来月末から (2015年09月18日)

2015年11月18日 インドネシアの大学STBA LIAにて、『日本語からインドネシア語への翻訳のコツ』と題して講演。150名分のチケットが数分で配布終了。

2016年2月7日 在スラバヤ日本国領事館主催『Surabaya Nihon Matsuri 2016 (スラバヤ日本祭り)』にライブ出演、イベントのトリを務める。

2016年3月19日 在メダン日本国領事館主催『USU Bunkasai 2016 (メダン日本祭り)』にライブ出演、イベントのトリを務める。
共演:インドネシア住みます芸人(The Three、そこらへん元気、アキラ・コンチネンタル・フィーバー)、他。

2017年2月9日 インドネシアでの1stシングル「Buatmu Tertawa-あなたの笑顔-」発売。

2017年3月9日 インドネシアでの1stフルアルバム「HIROAKI KATO」を全国発売→アルバム詳細・購入はコチラから

日本語、インドネシア語、英語の三ヶ国語で曲を創り、歌う傍ら、様々なイベントにおいてインドネシア語-日本語MC・通訳・翻訳もこなす。
現在はジャカルタを拠点に、日本・ASEANも視野に入れ、精力的に活動中。

20110814_oneman_band0211 s.jpgIMG_0167.JPG20110814_oneman_band0108 s.jpg_DSC0026.jpgIMG_0324.JPGhiro_06.jpgIMG_0943.JPGIMG_0168.JPGIMG_3043.JPGIMG_0463.JPG