Album "HIROAKI KATO" >> Hiroaki KATO official website


HOME > Album "HIROAKI KATO"

9th March. 2017
Hiroaki KATO's 1st full album "HIROAKI KATO" is out!!!

Album Banner.jpg

[iTunes]
http://smarturl.it/HIROAKIKATO
[AMAZON mp3]
http://smarturl.it/HIROAKIKATOamazon
[Spotify]
http://smarturl.it/HIROAKIKATOspotify

--------------------
Album Credit

Produced and Arranged by Ari Renaldi

Hiroaki KATO: Vocal, Backing Vocal, Guitar
Topan Abimanyu: Guitar, Ukulele
Rudy Zulkarnaen: Bass
Ari Renaldi: Drums, Piano, Keyboards

Arina Ephipania: Vocal, Backing Vocal, Flute
Sabrang a.k.a Noe: Vocal

Indra Kusumah: Guitar
Ujung Sitorus: Trumpet
Hadis ‘Hulhul’ Hendarisman: Clarinet
Amrus Ramadhan: Pedal Steel Guitar
Okihita H. Sihaloho: Whistle

Mixed and Mastered by Ari Renaldi at Aru Studio, Bandung & Steve Corrao at Sage Audio, Nashville
Engineer: Wahjoeneoerjadi_way

Artwork Design: Gema Semesta
Costume: Ikat Indonesia by Didiet M.
Photo: Terry Manopo
Stylist: Arini Lioni
Hair Stylist: Emily

Executive Producer:
Hiroshi Osaki(YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.)
Akihiko Okamoto(YOSHIMOTO CREATIVE AGENCY CO., LTD. )
Mitsuo Sakauchi(YOSHIMOTO MUSIC PUBLISHING CO.,LTD.)
Shizuko Yokote(MCIP Holdings Inc.)
Yoshinori Shimizu(YOSHIMOTO MUSIC PUBLISHING CO.,LTD)
Toyoyasu Suzuki(YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.)
Keisuke Nagata(YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.)
Ruriko Nakane(YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.)
Zenzia Ihza Sianica (Ihaza Integrated Consulting)
Ir. Yogi Andriyadi / Irza Rivai / Benny Ohana (Portrait Management)
Shugo Hirose(PT.YOSHIMOTO KREATIF INDONESIA)

Management:Prita Audriana Pravianty
Publisher: YOSHIMOTO MUSIC PUBLISHING CO.,LTD.
http://www.yoshimotomusicpublishing.co.jp/
Promotion staff:Timotius Ardi Kurniawan Sinlae / Todoan Faldy / Muhammad Iman Wardana / Bobby Palit
Co-Producer: Nadia Adisti Anindita (PT.YOSHIMOTO KREATIF INDONESIA)
Management for Tiên Tiên: Tiên Tiên Music


☆Contact Person☆
For INA: +62 857 7923 4299 (Prita)
p.audriana94@gmail.com

For JPN: +81 80 1451 3871(Shugo Hirose)
shugo.hirose@yoshimoto.co.id

Twitter: https://twitter.com/hiro19830309
Facebook: https://www.facebook.com/hiroakikato0309/
Instagram: https://www.instagram.com/hiro19830309/

Website: http://hiroakikato.com/

© PT. YOSHIMOTO KREATIF INDONESIA

CD Album Package Distribution

■CD Album Package Distribution
Poster Distribute-1 a.jpgPoster Distribute-2.jpgPoster Distribute-3.jpgPoster Distribute-4.jpgPoster Distribute-5.jpgPoster Distribute-6.jpg

Digital Distribution

■Digital Distribution
3247.jpg

Ring Bell Tone

■Ring Bell Tone
RBT.jpg

Explanation about the songs of album "HIROAKI KATO"

01. Minami Kaze

Minami Kaze adalah salah satu lagu dari mini album saya “Terima Kasih” (2010, Jepang). Dalam bahasa Jepang, Minami Kaze artinya Angin Selatan. Kalau di Jepang angin selatan berhembus pada awal musim panas dan salah satu tanda untuk memulai sesuatu yang baru. Maka dalam bahasa Indonesia diterjemahkan menjadi “Minami Kaze kan membawa kita menuju dunia baru” . Jadi lagu ini menandakan bahwa Hiroaki Kato akan memulai perjalanan baru di dunia musik.

02. Buatmu Tertawa

Suatu hari, sahabat saya tiba2 kirim message “Aku orang tak berguna, Aku nggak punya apa2, aku merasa tertinggal”. Sebagai manusia pasti semua orang pernah ‘down’, patah semangat, termasuk saya pun pernah merasakannya. Saya menciptakan lagu ini untuk menyemangati sahabat saya dan orang-orang dalam keadaan susah seperti dia. “Hari-hariku ceria karena lihat kau gembira, hari terasa bahagia karena bisa membuatmu tertawa”!

03. Ruang Rindu feat. Noe Letto

Ketika saya belajar di UGM Jogjakarta pada tahun 2006, saya bertemu dengan band Jogja bernama Letto. Saya langsung jatuh cinta pada karya2 mereka, dan akhirnya saya minta izin untuk translate lagu “Ruang Rindu” ini. Sejak tahun 2006, setiap kali live saya selalu bawain lagu ini, bukan hanya di Indonesia tapi juga di Jepang. Namun, selama ini saya tidak pernah merekam lagu ini dengan resmi, dan akhirnya saya bisa merekam lagu Ruang Rindu ver. Jepang dan sekaligus bisa berkolaborasi dengan penciptanya.

04. Musik

Musik merupakan salah satu lagu yang diambil dari mini album saya “Terima Kasih” (2010, Jepang). Kalau kita main musik, di sana pasti ada senyuman, dan senyuman itu lah “harga berharga yang menyatukan dunia”. Semoga dengan karya saya ini, orang bisa melupakan semua dan hanya menikmati “MUSIK” dan hidup.

05. Beda Selera

Di Indonesia ada banyak makanan yang mantap… tapi kita masing2 seleranya pasti beda. Makanan yang enak menurut saya, belum tentu bagi orang lain. So, “Tak perlu kita untuk saling memaksa karena kita beda selera. Namun kita bisa jalan bergandengan tangan, menuju tempat makanan”. Jadi walaupun kita berbeda keinginan tapi tetap bergandengan dan menuju satu tujuan.. Ayuuk!

06. My Everything (Tien Tien, Vietnam Artist Cover)

Sebuah karya yang sangat menarik dari Vietnam. Tahun 2015 saya sempat manggung di Vietnam dan dengarin lagu ini “MY EVERYTHING” oleh Tien Tien lewat radio. Waktu itu lagu ini sangat hits di negara itu dan saya langsung lagunya. Akhirnya, saya kerjasama dengan Tien Tien musik dan ngecover lagu ini dalam bahasa Indonesia. Pesannya sangat sederhana: “You are my everything”!!

07. Jakarta Sunset

Suatu hari saya naik ojek di Jakarta dan lihat matahari terbenam. Pada saat itu tiba2 wajah2 orang tua, adik dan sahabat2 saya muncul di pikiran. Sejak saya pindah ke Indonesia pada tahun 2014, saya berjuang untuk hidup di Jakarta dan mengalami suka dukanya berada jauh dari kampung halaman. Mengapa saya tetap berjuang di kota ini untuk meraih mimpi? Jawabannya ternyata ada di dalam langit berwarna jingga itu.

08. Happy! (Mocca Cover)

Sebuah karya istimewa dari MOCCA. Sejak tahun 2006 saya fans MOCCA dan akhirnya senang sekali bisa ngecover lagu “HAPPY!” ini. Isi liriknya bisa bikin orang semangat walau dalam keadaan susah dan itu cocok sekali untuk saya. Kali ini saya mencoba aransmen bernuansa HAWAIAN yang lebih santai daripada lagu aslinya dan juga mentranslate liriknya ke dalam bahasa Jepang. Semoga lagu dan pesan dari lagu ini diterima oleh masyarakat Indonesia maupun Jepang dan bisa menyemangati banyak orang!!

09. Terima Kasih

Salah satu lagu dari mini album saya “Terima Kasih” (2010, Jepang). Di dalam mini album saya menyanyikan lagu ini dalam bahasa Jepang. Namun untuk album ini saya merekamnya dalam versi Indonesia. “Semuanya diawali dari kata Terima Kasih”, itulah Motto saya. Semoga lagu ini bisa menjadi inspirasi untuk kalian semua dan menjembatani Indonesia dan Jepang lebih erat lagi.

10. Nada Sousou feat. Arina Mocca (Rimi Natsukawa/Begin Cover)

Sebuah karya dari Okinawa (Pulau selatan dari Jepang). Lagu ini sangat terkenal di Jepang dan banyak sekali yang suka. Kali ini saya dan Arina mencoba menerjemahkan lagu ini dalam bahasa Indonesia. “Nada Sousou” artinya “air mata yang mengalir tanpa sengaja”. Sang pencipta lagu mempersembahkan lagu ini untuk kakaknya yang telah meninggal dunia. Di Jepang lagu ini sering dikumandangkan saat perpisahaan. “Walau kenangan bersamamu kan pudar, sisa jejakmu akan kucari, ku teringat padamu Nada Sou Sou, Ku percaya kita kan bersama lagi”.

アルバム『HIROAKI KATO』曲解説

01. Minami Kaze

2010年に発売した1stミニアルバム『テリマカシ』に収録された「南風」を今回は、歌詞をインドネシア語にし、アレンジも変えてリテイク。
歌詞をインドネシア語にするに当たり、歌詞を一から書き直した。
何かを始めるには、まず第一歩を踏み出さなければ始まらない。
夢を叶える為に日本を飛び出した自分に重ね、旅に出る心境、踏み出していく勇気をテーマにした。
喜びも悲しみも全て血となり肉となり、力に変わっていく。
「人生は旅そのものだ」と歌う、一曲目に相応しい楽曲。

02. Buatmu Tertawa-あなたの笑顔-

ある日突然、悩んでいる親友からこんなメールが届いた。
「自分は何も持っていない。才能もないし、世の中から置いていかれいているような気がする」と。
その親友に向けて書いたのがこの「あなたの笑顔」。
落ち込んでいたり、気持ちがふさぎこんでいたり、元気がなかったりする人に対して、「あなたが笑ったり、喜んだりする姿を見るだけで幸せになる人がここにいるんだよ、だからいつまでも凹んでないで、一緒に一歩踏み出してみよう」と歌う曲。
世の中で少なくとも一人でもそう思ってくれる人が居ることが、どんなに生きる力の源になるか、自分自身の実体験を通じて書いた曲。

03. Ruang Rindu feat. Noe Letto

インドネシアはジョグジャカルタのバンドLettoのカバー曲。
加藤ひろあきが自ら翻訳する歌詞で、インドネシア語/日本語での歌詞構成。
今回、LettoのボーカルNoeをフィーチャリング。
しばらく活動を休止していたNoeがこのアルバムの為に、レコーディングに応じてくれた。
加藤ひろあきが2008年からライブで歌い続けていながら、今まで音源にしたことが無かった曲。
男女が互いのせつなさ、寂しさの隙間を埋め合い、一緒にいる瞬間を胸にまた互いにそれぞれの道を歩き出すというバラード。
2006年の楽曲ながら根強いファンが多く、ライブ等で演奏しても非常に盛り上がる曲。

04. Musik

「南風」と同じく、2010年に発売した1stミニアルバム『テリマカシ』に収録された曲をインドネシア語にし、アレンジも変えてリテイク。
文字通り、音楽、「音」で「楽しみたい」という願いが込められた曲。
音楽は世界共通の言語であり、音楽で繋がれる喜びがそこにはある。
嫌なこと、日々忘れたいことをみな持っていると思うが、このMusikを聞いて、みんなで手を叩いて、歌っているときだけはそのマイナスな感情を忘れて、思いっきり楽しんで欲しい。
そしてそこに現れる「笑顔」こそ、世界を繋ぐ宝物だと僕は信じています。
.

05. Beda Selera-好みの違い-

インドネシアの料理名を随所に入れ込んだ曲。
男女二人がそれぞれの好みの料理をその日のメニューとして主張し合うも、なかなかまとまらないという内容。
サビで、「好みは人それぞれ違うけれど、手を繋いで、さあ今日も食べ物屋に向かおう」と歌っている。
好みや考え方が違っても、それをお互いに認め合って、手をつないで歩いていけたらどんなに素敵なことかという願いが込められている。
そして、曲の一番最後に「食べ物屋に着いたはいいけれど、財布を忘れて、二人とも「Puasa」(断食)することになちゃった」というオチも付いている曲。
インドネシア人からの評価は言葉のライミングも含めて、非常に高い作品。

06. My Everything (Tien Tien, Vietnam song Cover)

ベトナムで現在大変人気のあるシンガーソングライターTien Tien(ティエンティエン)の爽やかなアコースティックポップス曲。
今回、このベトナム語の歌詞をインドネシア語にして歌っている。
タイトルの通り、「You're My Everything」と歌うラブソングだが、随所に私的な表現が散りばめられ、それが曲の魅力を高めている。
原曲よりもさらにギターやリズムを強調し、アコースティックロックサウンドに昇華させた。

07. Jakarta Sunset

ある日、ジャカルタでOjek(バイクタクシー)に乗りながら、ふと空を見上げると美しい夕焼けが広がっていた。
その時、妙に感傷的な気分になり、自分が今なぜこの土地で一生懸命頑張っているのかを考えた。
すると、空に自分のことを応援してくれる家族や大切な友人たちの顔が浮かんで来た。その時、この人たちの存在こそが、今僕がここに立っている理由であり支えなのだと改めて感じることが出来た。
新しい街に来て、必ずしもすべてのことがうまくいっているわけではないけれど、それでもここに立って、夢を追いかけて、今日も生きている。
自分の故郷や両親から離れて生活している人に特に聞いてもらいたい一曲。
インドネシア人からの歌詞への評価も非常に高い。

08. Happy! (Mocca Cover)

インドネシアのバンドMoccaの代表曲の一つで、インドネシア国内はもちろんのこと、韓国でも様々なCMやドラマに使われるなど非常に人気の高い曲。
うまくいかないこと、思い通りにいかないことは人生で必ずあるけれど、そういうときにこそ顔を上げて、この音楽を聴いて一緒に歌おう、きっとHappyなことがこの先、君を迎えてくれるよと歌う明るく、ポジティブな曲。
今回はこの曲にウクレレとスティールペダルギターを取り入れ、ハワイアンのテイストを加え再アレンジした。

09. Terima Kasih

「テリマカシ」という素晴らしい言葉の響きから紡がれた曲。
「南風」や「Musik」と同じく、2010年に発売した1stミニアルバム『テリマカシ』に収録された曲をインドネシア語にし、アレンジも変えてリテイク。
2006年にジョグジャカルタでジャワ島大地震を被災したとき、三日間食べ物と飲み物が無かった。たったの三日間だったが、その時に食べ物や飲み物のありがたさ、人間の助け合う心、今ある物への感謝が湧いて来た。その経験を基に作られた曲。
すべてに感謝して生きることが出来る人生は、きっと素晴らしい。
そんな気持ちを聞いた人に抱いてもらえたら。
インドネシアで「心の友」に変わる国民歌にするべく、歌い続けていきたい大切な曲。

10. 涙そうそう インドネシア語ver. feat. Arina Mocca (Begin Cover)

言わずと知れたBEGINの名曲「涙そうそう」をインドネシア語に訳し、MoccaのArinaをゲストボーカルに迎えてコラボレーション。
自分自身がこの曲に強い思い入れがあることと、メロディーや歌詞の内容がインドネシア人にも受け入れられるだろうと直感的に感じ、今回音源化を決意。
インドネシア語に翻訳して歌っているが、内容はそのままにメロディーに合うように非常によく訳せた。
ゲストボーカルのArinaは2008年に沖縄アジア音楽祭にてBeginと共演しており、その際に非常に心に残った曲をいうことから、今回デュエットを依頼。
インドネシア語で一人でも多くの人にこの日本の、沖縄発の名曲を届けたいと思う。
発売からリスナーの注目を集め、Spotify Viral 50 Indonesiaの第二位を記録(2017年3月25日のランキング)、発売からすぐにインドネシアの人たちに受け入れられ始め、注目を集めている。


"Laskar Pelangi" Japanese Version
"Niji no Shonentachi"

09, February, 2017

Hiroaki Kato 1st single "Buatmu Tertawa" is out!!!

S__23412745.jpg

09, March, 2017

Hiroaki Kato 1st album "Hiroaki Kato" is out!!!

Hiroaki Kato Line Stamp is now available on Line Store!

Release Info

2017.03.09 on sale
1st Full Album 『HIROAKI KATO』
Yoshimoto Kreatif Indonesia / Demajors
LinkIconiTunes
LinkIconamazon music
LinkIconspotify
HIRO 3000x3000 px.jpg
2017.02.09 on sale
1st Single 『Buatmu Tertawa』
Yoshimoto Kreatif Indonesia
LinkIconiTunes
S__14901296.jpg